п@03-5368-0786




 ウェブ アニメータ    中 医 健 康 S a l o n




ホーム 治療の流れ 施術のご案内 院内のご案内 スタッフ紹介 院長経歴 未病ドック アクセス よくある質問 あなたの体質判断
体質進行、改善の流れ



慢性酸性中毒体質



 血液、筋肉、内臓などが徐々に酸化していく体質が、慢性酸性中毒体質です。
 東洋医学では陰虚内熱(いんきょないねつ)と言います。このような体質は以下の三段階で進行します。




 第一段階
 
 
<酸性体質初期>

 疲れやすい、身体がだるい、便秘、下痢、午後の微熱、めまい、頭痛、胸やけ
 花粉症などのアレルギー、 消化不良、冷え性、うつ気味、精神不安など 

 

 第二段階

 <進行期>

 胃炎・口内炎・関節炎・皮膚炎など各種炎症、糖尿病、高血圧、肝炎、腎炎、結石、
 痛風などの生活習慣病、更年期にみられる多種多様の婦人科疾患、低体温、貧血など

 第三段階 
 <細胞組織の変性期>

 癌等の各種腫瘍、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全、その他内臓組織変性による機能不全




糖類、たんぱく質、脂肪の取りすぎは体内を酸性化します。
体内をアルカリ性に維持するためには酸性食品の摂取を控え、アルカリ性食品の摂取を心がけましょう。



← 酸性(熱、陽性) 中性

アルカリ性(陰性) →

← 7.35 血液PH 7.45 →

 マヨネーズ 
かずのこ
かに
たこ
えび
肉加工品
魚加工品
牛肉
豚肉
鶏肉
刺身
うなぎ
ウイスキー
日本酒
チーズ
砂糖
ビール
ワイン
コーヒー
たばこ
蜂蜜
 チョコレート 
コーラ
フランスパン
 パスタ
 (デュラム小麦粉) 
そば粉

豆腐
豆乳
豆類
しいたけ
きゅうり
ジャガイモ
トマト
とうもろこし
 ブロッコリー 
緑茶

にんじん
なす
バナナ
キャベツ
大根
高野豆腐
ごま
りんご
いちじく
海藻類
 ほうれん草 
玄米
黒豆
小豆
レモン
酸性体質 中庸

健康体質


上半身の熱
下半身の冷え
中央(胃腸)虚弱


上半身爽快
下半身温暖、充実
中央(胃腸)健全


血液が酸性値(PH7.35)に近づくと、体内が酸化し細胞の変性を起こしやすくなります。
以下は体内組織のPH値です。



 胆汁 

 細胞内液   すい臓  大腸液   十二指腸   精液  子宮液

 ph7.4 

 ph7.6-8.0  ph7.8-8.4   ph8.4  ph8.0-8.5  ph8.9-9.5   ph8.0-8.8 



体質改善の流れ


 
 正気回復期 

 中医学では病気の原因を正気不足と捉えます。
 推拿療法と飲食等の生活習慣の改善により、正気を回復させることが第一目標になります。

 
 自浄効果期 
(好転反応) 

 「正気」が高まることにより、浄化作用が増し、長い間蓄積された老廃物と邪気を自浄します。
 (一般的な好転反応は、発熱、頭痛、一時的な咳、痰、鼻炎、めまい、だるさ、眠気、胃のもたれ吐き気、下痢、便秘、湿疹などです。)


安定期

 様々な好転反応を乗り越えると、自覚症状が改善され、心身の健康を迎えます。